時代の流れに食らいつく

身軽に成れた気がしない?

【TVCM】「Thinking Man」篇 プロローグ<60秒>【三井住友カード公式】

旅人「ポケットの中のさ。それ(現金)全部出して、もう一回跳んでみなよ」

主人公(小栗)バサァ!「(少しだけ、遠くまで跳べた)」

旅人「心の軽さって言うかさ、気にすることがなくなったから、思いきり跳べた」

主人公「屁理屈だよ」

旅人「は、そうかもね」

旅人「だけど、身軽になった感じがしなかった?」(主人公のお金を渡す)

旅人「奇妙なものを持ち歩いてるもんだ」

このADは評判があまりよくなかったりする記事をみたけど、私はこれからを予見、宣伝するいいADだと思うよ。小栗旬はファンタジーがかった話が似合うね。

クレジットカードの決算、バーコード決済に慣れておこう。

政府は増税対策にポイントで国民に支援をすることにした。時代に着いていこうとする人に手を差し伸べることを決めたんだ。

現状ではsuicaなどの交通系カードが便利だよね。けれど提供する側は維持費は高い。バーコード決済は安価に電子通貨を流通させるのにいい方法だ。店にとっては現金を扱わず、レジ締めが楽になる。

経済産業省

カフェでレジを担当すると額もあってか現金で支払う人はまだ多い。老若男女問わず。カード払いならおこぼれにポイントもつくのに勿体無いなぁて思ってる。

自分の欲求を知っておく

時代に取り残されるのはあっと言う間だ。新しいもの好きになれってことではなくて、自分の生きる術を多く持っておくことだよ。現金なら払って終わり。カードはポイントがついてくる。たまれば金券に変えれたりする。お店指定のプリペイドなら(例えばスタバ、サブウェイ)特典もあるでしょ。バーコード決済、QRコード決済ならクーポンがあったりして多少、割引がある。

貴方の支払いを只の商品の購買作業から付加価値を得られる行動に変えられるんだよ。(ただ、ポイントやセールに踊らさず、あなたの必要なもの。欲しい物を常に明確にしておいてね)

Comments are closed.